種類/用途

ボーカル用マイクについて

マイクの用途としては、さまざまなものがあります。楽器を演奏したり、レコーディング作業を行なったりする際には、性能の良いマイクが必須とされています。

また、歌い手が用いることも多いです。歌い手が用いる場合は、楽器を演奏する際に用いるマイクとは異なるタイプのマイクを用意するのが一般的です。

このようなマイクを、ボーカル用マイクと呼んでいます。

ボーカル用マイクは大きく2種類ある

マイクを用いて歌っていて、思うような声が出ていないと感じることがあります。自分自身の声量や技術の不足が原因の場合もあるのですが、適切なマイクに切り替えることで、良い声が出るようになる場合も多いです。

ボーカル用マイクの適切な選び方を知っておくことが大切です。ボーカル用マイクには、大きく分けるとコンデンサー型、ダイナミック型の2種類があります。

どちらのタイプを用いるかは、歌う場面・場所によって決まります。

コンデンサー型のボーカル用マイク

コンデンサー型のボーカル用マイクを用いることが多いのは、スタジオなどでレコーディング作業を行なう場合です。周波数のレンジが広く設定されていて、リッチな音質を得ることができるのが特徴です。

繊細なニュアンスを表現することが可能なので、本格的にレコーディング作業を進めたい人に向いています。コンデンサー型のボーカル用マイクを用いる場合は、ファンタム電源を用意する必要があります。

また、衝撃や湿度に弱いというデメリットがあるため、使用する際は注意が必要です。

ダイナミック型のボーカル用マイク

これに対して、ダイナミック型のボーカル用マイクは、ライブハウスなどで歌う場合に用いられることが多いです。一般的なスタジオやカラオケ店に設置されているのは、ダイナミック型のものが目立ちます。

コンデンサー型よりもレンジは低くなっていますが、力強い音質を持っているのが特徴です。衝撃や湿度に関して、コンデンサー型のような弱さがないので、手軽に取り扱うことができます。

また、中音域が厚くなっているのがダイナミック型の特徴なのですが、近年では高音域の質感がコンデンサー型に近いダイナミック型ボーカル用マイクも登場しています。

関連記事

  1. パソコン用マイクの選び方

  2. 防音マイク

  3. 音楽用のマイクの種類と特徴について

  4. 実況用マイクについて

  5. 集音マイクについて

  6. ドラム用マイクの選び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP