種類/用途

USBマイクについて

USBマイクとは、パソコンなどにあるUSB端子を利用してUSB接続で使用するマイクのことです。これまでは3.5mmステレオミニプラグマイクが主流だったのですが、USB端子のついたパソコンが普及するのに合わせてUSBマイクの人気が高まってきました。

USBマイクの特徴

USBマイクは自分で撮った動画をパソコンで編集しながらナレーションを入れたり、実況動画を投稿する際の音声をとるのに使います。パソコンのUSB端子にさしてUSBマイクを使うとき、パソコンはUSBマイクを周辺機器(サウンドデバイス)として認識します。

そのため、USBマイクの音声をパソコンから流すためには、パソコン側の設定を変える必要があり、3.5mmステレオミニプラグマイクと比べてその点は少し面倒に感じるかもしれません。USBマイクは3.5mmステレオミニプラグマイクに比べて、ノイズが入りにくいものの、動画をリアルタイムで実況するときにはパソコンの音声とマイクの音声が同時に配信できないことがあります。

この問題はパソコンの設定を調節することで解消できるのですが、設定の方法を全く知らない人にとっては難しいと感じるかもしれません。また、自分が使っているパソコンにUSB端子の空きがないときは、3.5mmステレオミニプラグマイクの方が使いやすいです。

USBハブで接続することもできますが、USBマイクはあくまでパソコン本体との直接接続を前提に作られているので、USBハブを間に挟むと、ノイズや音ずれなどの不具合が生じやすくなります。

USBマイクの種類

USBマイクは安いものだと1000円程度から買うことができます。用途によっていろいろなタイプがありますが、スタンドマイクかヘッドセットつきマイクの商品が多いです。

スタンドマイクは使いやすさでいえばヘッドセットつきマイクよりも初心者向けではありますが、周辺の雑音を広いやすいというデメリットがあります。ヘッドセットつきのマイクだと周辺の雑音が入りにくいなどのメリットがあるものの、装着感が合わないと頭痛や肩こりの原因になります。

どのタイプのマイクを使うかは自分の使用目的に合わせて選ぶとよいです。

USBマイク一覧はこちらから

関連記事

  1. ドラム用マイクの選び方

  2. パソコン用マイクの選び方

  3. イヤホンマイクの選び方

  4. ギター用マイクの選び方

  5. ボーカル用マイクについて

  6. ウェブマイクについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP