ブログ

集音マイクについて

集音マイクとはなんでしょうか?読んで字のごとく音を集めるマイクのことです。でもマイクとはすべてそのようなものなのではないでしょうか?

確かにその通りです。でも例えばボーカルマイクですと、マイクのすぐそばに音源、この場合口があります。

ボーカルマイクはそのような使い方をしたときに、その性能をフルに生かすことができます。

集音マイクとは?

集音マイクというのは、近くの音源はもちろんのこと、周りの音をできるだけ集めて、それを電気信号に変え、録音したり拡声したりするためのものです。そのため、集音マイクによっては、できるだけ広範囲の音を集めるために、パラボラアンテナのような形状をしているものもあります。

大きさとしては大型なものから、超小型のピンマイクタイプのものまであります。もちろんマイクの性能や品質によって値段もピンキリです。

集音マイクの用途

用途としてはビデオ撮影する際に、よく使用されています。家庭用のビデオカメラには、すでにマイクが内蔵されていますが、これも集音マイクです。

一般的なビデオカメラの内蔵マイクですと、3、4メートルの音を記録することはできます。でもそれ以上離れるとマイクの性能の限界があります。

もっと遠距離の音をクリアな音声で記録したいと思うなら、別に高性能の集音マイクを接続する必要があります。テレビ放送のロケ現場では、かならずといっていいほど、集音マイク専門のスタッフがおります。

長い棒の先におおきなススキのような形をした集音マイクを一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。しかし、遠距離の音を記録しようとすると、当然おおくの雑音も拾ってしまうことになります。

そのため、ほとんどの集音マイクにはこの雑音を除く、ノイズキャンセルという機能があります。このノイズキャンセル機能の性能がマイクの価格を左右するといっていいでしょう。

ほかの用途として、テレビの出演者のほとんどが付けているピンマイク、これも集音マイクです。さらに、盗聴用のマイク、コンサート録音用のマイク、これらもすべて集音マイクの一種です。

集音マイク一覧はこちらから

関連記事

  1. レコーディング用マイクの選び方

  2. ライブ用マイクの選び方

  3. ダイナミックマイクの長所と短所

  4. ダイナミックマイクの特徴を活かした使い方

  5. コンデンサーマイクの選び方

  6. パソコンを使う上で欠かせないヘッドセットマイク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP