マイク備品

ポップガード

バンドレコーディングであったり歌録りなど、テレビでも有名人が楽曲を歌っている様子を見かけることは多いのですが、歌録りやレコーディングの際にはあるアイテムが必ずと言って良いほど登場しています。

ボーカルとマイクの間にあるアイテムなのですが、円形で黒いプラスチックの板を挟んでいる光景をおそらく一度はご覧になった事があるでしょう。もともとボーカルの方が歌録りをする上でこのアイテムがなければ凄く汚くなってしまうのですが、それがポップガードというアイテムなのです。

ポップガードとは?

ポップガードとは、もともと口からマイクの間に挟んで使うものであり、このアイテムを挟む事によって歌を歌う前に吸い込む「ハッ」という音や、必然的に歌唱中に入ってしまう「ツッ」や「ブッ」という音を消音してくれるのです。

このポップガードを使って歌う時と使わない時では歴然の差があり、日常生活で喋っているような声がそのままメロディー中に入ってしまい、いくら良質のマイクを使っていてもカバーは出来ないのです。

すなわち、簡単に言えばポップガードとは声を綺麗に聞こえさせる為の魔法のアイテムなのです。構造としては網目状になったプラスチック板というイメージで問題ありませんが、実際にこのポップガードは自己流で製作することも十分可能でしょう。

タイツなどを円形のものに被せてしまえば商品として販売しているポップガードと非常に似たような効果を発揮しますので、コストダウンを考えるのであれば作ってしまう方も多いのです。

もちろん役割としては声から出る汚い音を消音する事なので、マイクと口の間でカバーできれば十分なのです。以上の事からポップガードとは、レコーディングや歌録りをする上で非常に有効的なアイテムであり、人間の声から出る「ツッ」や「ブッ」という音を消すことができるのです。

その事によってメロディーラインを綺麗に魅せる事ができ、楽曲をより無駄の無いクリアなサウンドにすることができるのです。

ポップガード選びはこちらから

関連記事

  1. マイクスタンド

  2. ウィンドスクリーン

  3. マイクホルダー

  4. オーディオインターフェイスの重要性

  5. マイクケーブルの選び方

  6. usbステレオミニプラグについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP