基礎知識

おすすめのダイナミックマイクの購入ポイント

レコーディングや演説、カラオケなどに欠かせない音響機器といえばマイクです。マイクにはいくつかの種類がありますが、手軽で広く普及しているタイプがダイナミックマイクと呼ばれるマイクです。

ダイナミックマイクとは?

以前の記事でマイクは大きく2種類に分類されると説明させて頂きましたが、このうちの一つがダイナミックマイクというマイクになります。

ダイナミックマイクはライブやイベントなどでよく使われる種類のマイクです。マイクを想像したときに真っ先に頭に浮かんでくるのではないでしょうか。カラオケに使われるマイクもこのダイナミックマイクなのでカラオケが好きな人には馴染み深いマイクですね。

また比較的安価で購入することができ、多少どこかに落としたりぶつけたりしても壊れにくいため、ライブハウスなどでも使用頻度の高い定番のマイクです。特別な電源を必要としないので、ケーブルをつなげさえすればすぐに使用することができ、ドラムなど大きな音を出す楽器の集音にも利用されます。

なお2種類のうち、もう一つがコンデンサーマイクと呼ばれますが、こちらと比較するとダイナミックマイクの方がご存知の方が多いマイクであるかと思います。

ダイナミックマイクの特徴

ダイナミックマイクは構造がシンプルなため丈夫で衝撃にも強く使いやすく、コストも安いという特徴があります。そのため消耗品としてマイクが使用されるような場面や専門家以外が使用する場面で使われることが多く、カラオケに使用されるマイクはほぼすべてがダイナミックマイクです。音の物理的な振動を電気信号に変換される仕組みを採用していますから、電源のない環境でもスピーカーやアンプなどに接続するだけでも音を出す事が可能で、振動がはっきりと表れる中温域に強いという特徴を持っています。

また人間の声を拾い上げるのを得意としていますから、スピーチやカラオケなど人間の声を拾いたいときに使用すると最大限の性能を発揮してくれます。大きな音を入力しても安定しているので、シャウトした時の声や打楽器の大きな音などにもしっかりと対応してくれます。湿気や温度にも強く、屋外や雨などの使用環境にもあまり左右されません。

ただし構造がシンプルな分、基本的に大きな音を拾うのには適しているものの、高音のような感度が求められる音や、細かい音、微妙な音の変化を拾うのは苦手です。

コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い

ダイナミックマイクの特徴は前述の通りですが、特徴としては真逆なのがコンデンサーマイクになります。

コンデンサーマイクでは、人の多い場所や野外では使うことが不向きです。ダイナミックマイクに比べて高音質が逆にデメリットになってしまいます。風の音や、人間の息、周囲の騒音まで拾ってしまいます。音声を聞いた場合に、目的の音が拾えていないばかりか、聞き苦しい音質になってしまいます。このように、マイクは高音質ならば好ましいとも言い切れません。メリットの高音質があだとなり、余計な音を沢山拾ってしまい、自分の目的の音声が収集できないということになります。

野外や人の多い場所では、ダイナミックマイクを積極的に使います。室内の使用や一人の声を集中して録音する場合には、コンデンサーマイクを使うという、状況に応じた使い分けが必要になってきます。ダイナミックマイクの特徴を生かした状況で使い、デメリットをコンデンサーマイクで補い、目的の音を集音するのがベストです。

ダイナミックマイクが使われる場面

丈夫で衝撃の強さが特徴となるため、カラオケやライブ会場などでダイナミックマイクは使用されることが多いです。また大きな音も拾うことができ電源も必要としないため、外での使用には最適です。良くテレビのロケなどでもダイナミックマイクは使われています。

また金額がかからないということもあるので、自宅で録音をする宅録ユーザーも購入している場合が多いです。

小型のダイナミックマイクのメリット

これまで紹介してきたダイナミックマイクですが、その中でも小型のダイナミックマイクがあります。小型のダイナミックマイクの特徴としては、頑丈で持ち運びがしやすいです。

使用用途のひとつとしてインカムで使うことがあります。インカムのメリットは、なんといっても、作業しながらコミュニケーションをとることができる点です。たとえば、バイクに乗って友達とツーリングしているとき、インカムとしてダイナミックマイクを使うとバイク走行中で、両手がふさがっているときも会話ができたり、ライブでダンスと歌の両方のパフォーマンスを同時にするとき、インカムならばパフォーマンスの邪魔になりません。

スカイプ通話で、仕事の資料を参照しながら会話もできるので仕事効率もアップします。注意点としては、他のダイナミックマイク同様繊細な音が表現できない点です。ダイナミックマイクひとつとっても、大きいものから小さいものまで、さまざまなものがあるのり、メリットもデメリットもあるので、自分の使用用途にあわせたマイクを見極めて選ぶのが大事です。

ダイナミックマイクをpcに繋ぐ方法

まずダイナミックマイクは、PC(パソコン)でそのまま使うことはできません。なぜかと言うと、PCに付いているマイクを挿し込む部分はステレオミニジャックなので、ダイナミックマイクのXLR端子と違うからです。絶対に使えないわけではなく、XLRステレオミニジャック変換ケーブルで、ダイナミックマイクをつなぐと使うことはできますが、マイクが故障する場合があるので、あまりおすすめできません。

PCとダイナミックマイクを正しく接続する方法は、オーディオインターフェースを使います。マイクのXLR端子をオーディオインターフェイスにつなげ、USBでパソコンと接続します。ダイナミックマイクをPCに接続するには、パソコン用マイクを購入するようにし、マイクを購入する時に注意することは、電気屋さんなどで買う時に、入力感度と周波数帯域の数字に気をつけるようにしましょう。パソコン用のマイクとして売られている場合は、入力感度や周波数帯域を気にする必要はありません。

PCでダイナミックマイクを接続するときには、必ずオーディオインターフェイスを使うとは忘れないようにしましょう。

ダイナミックマイクでの録音のコツ

ダイナミックマイクは近づけば近づくほど低域が増え、中高域が減衰します。これを近接効果といい、音がこもると感じることがありますが、例えば一般家庭の音響対策が施されていない普通の部屋ではむしろ録音に適しているともいえます。

手持ちでも使用できることからマイクスタンドを用意する必要もなく、コスト面でも有利になります。ただし、家電量販店で販売されているようなカラオケ用マイクではなく最低限ステージ用途を想定しているボーカル用のものを選ばなくてはなりません。そして、実際に録音する際に機材や環境によってノイズが目立つ場合は、オーディオインターフェースのゲインを上げると、高域の特性が改善されることがあります。

また、近接効果を逆に利用すると女性ボーカルのような低音域の少ない音の低音を補ったり、ささやくような音でより大きな音像をつくりたい場合には効果的によい結果を得られることがあります。このようにダイナミックマイクでは距離や向きを巧みに利用することが、録音の際のコツとなります。

ダイナミックマイクの使い方

ライブでのダイナミックマイクの使い方

ボーカリストがライブでダイナミックマイクを使用する際には、マイクを持つ角度に注意をすることが必要です。マイクを上に向けてしまうと音が拾えなくなるので、口元にグリルが向くようにします。マイクを持つ時にはグリルに手が当たると音がこもってしまい、ハウリングを起こすこともあるので、グリルに手が当たらないように注意します。マイクを持つ時には指先だけで持つのではなく、グーでしっかりと握りしめるように持つことが大切です。

マイクと口の距離は離しすぎると入力される信号が減ってしまい、しっかりと音が拾えなくなります。一方、口に近づけすぎると低音が増幅されて高音が聴き取りづらくなるため、適切な距離を保つようにします。カラオケで使用されているマイクもダイナミックマイクですので、正しいマイクの使い方をするだけでカラオケが上手になります。

DTM・宅録でのダイナミックマイクの使い方

本格的に宅録をするにはコンデンサマイクの方がおすすめですが、ダイナミックマイクは安く買えるので、低予算で宅録をしたい方には最適です。なお、宅録ナレーションの場合は、コンデンサマイクよりも単一指向性のダイナミックマイクの方が向いています。

DTM・宅録でダイナミックマイクを使用する際には、パソコンとDAWソフト(音楽制作ソフト)、オーディオインターフェース、ヘッドホンが必要になります。音質にこだわらずに低予算で宅録をしたい方は、USB接続ダイナミックマイクにすると、新たにオーディオインターフェースを購入することは不要です。

オーディオインターフェイスを使って宅録をするには、インプットの音量つまみを最小にしてからダイナミックマイクを接続します。作業を終える時もインプットの音量つまみを最小にして、ファンタム電源をオフにしてからマイクのケーブルを抜くようにします。

宅録でのダイナミックマイクの使い方は基本的にはライブの時と同じで、マイクの持ち方とマイクと口との距離に注意をすることが大切です。

おすすめのダイナミックマイク4撰

①BEHRINGERのマイク

ダイナミックマイクでまず最初におすすめするマイクは、BEHRINGERになります。BEHRINGERは、値段がとても安くで購入をすることができるのでマイクを安くで購入したいという方にはおすすめです。値段が安いわりには、音質も良いのであまりお金がないような学生が購入している方が多いのです。チャットや状況など高音質を求めない場合には良いです。

②SHURE SM58

2つ目のおすすめのマイクは、SHURE、SM58になります。SHURE、SM58は、ゴッパーと呼ばれていて世界中から使われているマイクになります。伸び伸びしているので、ボーカルが録音するのにはおすすめです。このマイクは、他のマイクに比べても作りが丈夫になっていますので、1度購入したら長い間使い続けることができるのです。クラブのDJやライブシーンなどでもよく利用されていて耐久性の高い構造で、実績もあります。どんなに激しい動きをしたとしても、耐久性があるので屋内でも、屋外でも場所に関係なく安定したパフォーマンスを行うことができるのです。

③SHURE BETA58A

3つ目のおすすめのマイクは、SHURE、BETA58Aになります。SHURE、BETA58は、本格的なボーカルが録音をするコンサートなどでの利用には向いているマイクになっています。SM58の上位のマイクで、ダイナミックで高良域の収音ができて、抜け感がありとても使いやすいのです。

高いレベルを目指している方で、さらにグレードアップしている方にはおすすめのマイクになります。世界中のミュージシャンが愛用しているマイクで、世界的な地位を築きあげているのです。

④SENNHEISER e835

4つ目のおすすめのマイクは、SENNHEISER e835になります。SENNHEISER e835は、SM58にとても似ています。男性ボーカルに特化した特徴があります。吹かれにもとても強いので、初心者にはおすすめのマイクとなっています。ボーカルやスピーチ用として、以前よりもさらに進化しています。シャープなサウンドです。

 

以上、ダイナミックマイクの特徴や使い方をまとめさせていただきました。
コンデンサーマイクとはまた逆の特徴になるため、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクをそれぞれ購入することをお勧めいたします。

関連記事

  1. PCにダイナミックマイクを繋いで録音するには?直挿しは間違い?

  2. ダイナミックマイクの構造と種類、実はスピーカーの構造にも似ている?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP