基礎知識

ダイナミックマイクの構造と種類、実はスピーカーの構造にも似ている?

マイクには様々な種類があり、またそれぞれのマイクで中の構造も異なっています。マイクの役割は音を集音することが目的になりますが、どんな場所でどんな音をどんな風に集音したいかにより、それに適した構造を持ったマイクを選んでいく必要があります。

そこで今回はライブやカラオケなどで良く使われているダイナミックマイクの構造についてお話しさせていただきます。

音の伝わり方について

まずそもそも音がどのように伝わるかご存知でしょうか?子供の頃に糸電話というものがありましたが、あれはコップから喋った声が振動により糸を伝わり相手のコップに届くというものですが、まさにこの仕組みが音の伝わり方になります。

通常の会話やライブなどでは糸はありませんが、糸の代わりに空気が振動して音が伝わっていきます。この空気振動がダイナミックマイクの中に到着したときに、マイクの中で機械的な振動へと変わります。

空気振動を受けとるダイナミックマイクの構造

そんな空気の振動を受けとるダイナミックマイクの構造は、ムービング・コイル型リボン型という2種類に分かれています。

ムービング・コイル型の仕組み

まずムービング・コイル型という種類のものですが、ダイナミックマイクの中にダイアフラムという振動する板と、コイル磁石が中に入っています。空間の音が振動してダイアフラムに伝わると、ダイアフラムに直結しているコイルに伝わり振動します。このコイルの揺れと、後ろにある磁石が作る磁界によって電磁誘導を発生させて、電気信号に変換されて音になる仕組みです。

このように音の空気信号が電気信号に変換され、その電気信号がスピーカーで振動に変わり音になるのです。

このムービング・コイル型マイクの特徴は、機構がとても単純で丈夫なため、大音量であってもあまり歪むことがありません。高音域の音には弱い傾向がありますが、カラオケやライブなど多少乱暴に使うことがあるシーンなどで良く使われています。

リボン型の仕組み

ダイナミックマイクはムービング・コイル型が主流ですが、もう一つリボン型という種類もあります。折り目が付いた薄いアルミニウムなどのリボンを、磁石の間に吊り下げた構造になっています。ダイアフラムとコイルの代わりに、このリボンが振動することによって電気信号が発生します。

基本的にはムービング・コイル型と同じ構造ですが、リボン型の方は性能は良くても耐久性が劣ってしまいます。中のリボンは2mm程度ととても薄く作られており、繊細でノイズも入りがちですがムービング・コイル型とは逆で高い音も拾いやすく柔らかい暖かみのある音が特徴です。繊細なため、ライブなどでは使いづらくレコーディングなどに用いられることが多いです。

スピーカーによる再変換

これまでダイナミックマイクの構造を紹介させていただきましたが、空気振動が電気信号に変えるのがマイクの役割でした。ただ、私たちは電気信号では音を受けとることが出来ませんよね?そこでこの電気信号を再度空気振動に変換して私たちの耳に伝える作業が必要で、その役割がスピーカーになります。

スピーカーにもいくつかの種類がありますが、一般的に使用されているものがダイナミック型スピーカーユニットというもので基本的にはダイナミックマイクの逆の構造になっています。つまり振動板コイル磁石が内部に入っており、ここに音声信号が入ってくると電磁力が発生してコイルが前後に振動します。そしてこのコイルに直結している振動板が振動することで音が空気振動となって私たちの耳まで届けられています。

こう見てみると、マイクとスピーカーは役割は違いますが、とても構造が似ていますね。

まとめ

今回はダイナミックマイクの構造について記載させていただきました。

①音は振動と磁界による電磁誘導作用で伝わること
②ムービング・コイル型のダイナミックマイクは丈夫なためライブやカラオケで使用されやすい
③リボン型のダイナミックマイクは繊細なためレコーディングに使用されることが多い
④スピーカーはダイナミックマイクの構造と逆の仕組み

上記の4点がポイントとなります。
ダイナミックマイクを所持している方もこれから買おうと検討している方も、マイクの構造を知ることで、使い方や選ぶ種類が決まってくることでしょう。

お読みいただきましてありがとうございました。

関連記事

  1. おすすめのダイナミックマイクの購入ポイント

  2. PCにダイナミックマイクを繋いで録音するには?直挿しは間違い?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP