AKG C1000S

 

AKG C1000Sはコンデンサーマイクロフォンです。ファンタム電源で駆動します。ダイナミックマイクロフォンとは違った感度の良さが売りのマイクです。

用途としては、ドラムのシンバルからボーカルまで幅広く使えるマイクロフォンです。特性としては、指向性はとても狭くスーパーカーディオイドという種類になります。単一指向性、無指向性と中のカプセルを入れ替えて使うことが出来ます。

また、ローカットスイッチついています。周波数特性は50Hzから20kHzと幅広いのが特徴です。では、楽器用とボーカル用とで使った場合の特徴を見てみましょう。

楽器用にAKG C1000Sを使用した場合

まず、楽器用としては、主にシンバルを拾うのに使われる事が多いのですが、AKGの他のマイクロフォンと比べるとやや大人しい印象の音質であるといえます。ハイエンドのシャリシャリとした感じがあまりなく、どちらかというとローエンドよりの温かみにある音質になりますので、ドラム全体として拾った時に被ったスネアの音がとてもマイルドです。

今時のコンデンサーマイクロフォンで拾った場合どうしても明るい印象になってしまいますが、AKG C1000Sは落ち着いた音なので、とてもナチュラルな音で拾うことが出来ます。JAZZや少し前のROCKなドラムに合う音質ではないかと思います。

ドラム以外のパーカッションもとてもナチュラルに拾えて、特に皮物の打楽器は合うと思います。

ボーカル用にAKG C1000Sを使用した場合

続いてボーカル用として使った場合ですが、打楽器の時と同じように非常にナチュラルな音質なので歌声も自然に拾えます。ダイナミックマイクロフォンとは違って、マイクロフォンから横へ少しくらいズレてしまっても、後ろへ離れてしまってもそれほど音質が変わることがありません。

コンデンサーのため、非常に温かみのある音質で拾うことが出来きますし、AKG C1000Sは他のコンデンサーマイクロフォンと比べると音質が落ち着いているので、女性ボーカルもキンキンした音にならずに拾えるので非常に優秀です。

女性ボーカルやPOPS、JAZZなどに合うと思います。打楽器からボーカルまで幅広く使えるAKG C1000S、とてもいいと思います。

今回紹介できませんでしたが、エレキギターやアコースティックギターにも使えるマイクロフォンです。コンデンサーマイクロフォンとしては見た目はゴツいのですが、以外にも繊細で温かい音質なので、幅広く使えるとてもいいマイクロフォンだと思います。

ウインドスクリーンがついているので、他のコンデンサーマイクロフォンよりは吹かれにも強く、丈夫に作られていますのでとても使い勝手のいいマイクロフォンです。

AKG C1000Sのスペック

メーカー
AKG
種類
コンデンサーマイク
指向性
単一指向性,超単一指向性
周波数特性
50Hz-20kHz
サイズ
径34mm、長さ220mm
重量
275g
PAGE TOP