AKG C214

 

スタジオ録音ではマイクの性能はパッケージ化される前の段階である、ミックスダウン、マスタリングまで工程に大きく影響します。マイク1つで、高温域を拾えるのか、低音域はどのくらい出るのか、中音域とのバランス、そして声だけではなく、楽器の演奏にも大きく関係してきます。

レコーディング現場の定番として認知をされるAKG ( アーカーゲー ) / C214のマイクとしての性能、価格などをまとめていきます。

レコーディングの定番AKG C214

私はバンド、パソコンでミックスCDなどを作っていたのですが、印象としては中音域が前に出ている印象でした。コレばかりはその場の広さなども影響するので一概に何が正しいなどはありませんのであくまで印象として中音域が強いなぁくらいになります。

マイクとしてはとても使いやすいと思いますよ。ミキシングエンジニアの立場や知識がある人にとっては、ミックスの段階で余計な音域を削りやすいことが重要な部分。

ただ、バンドや歌い手側の方は不満がある人もいると思いますね。

例えば、より高温域を強調したいなどと言われるとマイクのスペックやレコーディング・スタジオなどの環境も影響するので、こればかりは製品として出荷された時の音のバランスを感覚的にわかっていないと難しい部分ではありますが。

マイクとしてはレコーディングスタジオで定番として用意をされていますし、録音環境で悪ければ良いマイクでも良い音にはなりません。録音した時の音を聴いても、環境が良ければ問題はないかと思われます。

AKG C214のスペック

メーカー
AKG Acoustics
種類
コンデンサーマイク
指向性
単一指向性
周波数特性
20~20,000Hz
感度
20 mV/Pa
サイズ
160×55(mm)
重量
280g
PAGE TOP