AKG C3000

 

AKGのC3000は、クリアかつ厚みのある低域が魅力の低価格コンデンサーマイクです。

AKGのコンデンサーマイクの中でも安価で個性的な音を持つC3000が、新たにC3000Bとなって発売されました。

両方とも見かけはほとんど同じですが、いろいろなところに改良が施されています。頑丈なボディと便利なスイッチで使い勝手がさらに向上しています。

ということでC3000BとC3000の違いも合わせてご紹介いたします。

マイクの仕様について

まずC3000Bの外観ですが、全体の大きさは旧型のC3000とほとんど同じですが、ウィンドスクリーン部分の面積が広くなり、横にしてみると厚みも増しています。

また、スクリーン自体も丁寧で頑丈な作りになっています。小振りなボディはアルミダイキャスト製で、多少のことではへこんだり壊れたりしないです。

色はゴールドが少し混ざったシルバーで高級感があります。音の要のダイアフラムは、旧型の2ダイアフラムからAKG本来の音に近い金蒸着6ミクロン厚の1インチ大口径ダイアフラムに変更されました。

指向性はカーディオイドのみですが、-10dBのPADスイッチとローカットスイッチも装備され、使用するのに不便ではありません。全体の感じを変えずに一番下の不要な低域のみうまくカットしてくれているので非常に重宝するものとなっています。

電源はファンタム電源が必要で、コンソールやマイクプリアンプからの供給になります。素直さがC3000Bは上で、この質感は声との相性が結構出るようで、合わない場合は少し音像が奥まってダークな感じになりますが、合う場合にはクリアでハイのヌケがよく、なおかつ大人っぽく落ち着いたトーンを得ることができます。

すべてにおいて完璧なマイク

C3000Bはダイアフラムやボディ、サスペンションなど、どれをとっても手を抜いたところが感じられません。

なぜこの、製品を安価で出せるのか不思議なくらいです。いいマイクか悪いマイクかと聞かれれば、間違いなく素晴らしくいいマイクと答えるでしょう。

このマイクを買った人のクチコミでは、全ての音域を 拾う万能なマイクです。ほとんど全ての楽器に対応しているといってもいいでしょう。

完全にレコーディング向きのマイクです。全音域を拾うということは、要らない大域まで拾ってしまうということになります。

自分でEQなどを調整する方にはオススメです。録音からミックス作業まで仕上げることを前提に使用するマイクです。全音域を拾うからこそ自由に加工できる、とても素晴らしいマイクだと言えます。

AKG C3000のスペック

メーカー
AKG Acoustics
種類
コンデンサーマイク
指向性
単一指向性
周波数特性
20Hz-20kHz
出力インピーダンス
200Ω
感度
25mV/Pa(-32dBV)
サイズ
径53mm、長さ162mm
重量
320g
PAGE TOP