AKG D5

 

初めてのダイナミックマイクにもおすすめ

主に宅録での声の収録(セリフ・ナレーション・ボーカルなど)に使用しています。普段はコンデンサーマイクを使用することが多いため、使う機会は少ないですが、一度ダイナミックマイクを使ってみたいと思い、購入してみました。

初めてのダイナミックマイクです。

ダイナミックマイクと言えば、カラオケやライブハウスなどでよく見かけるSHURE(シュアー)のSM58が有名ですが、定番のものではないタイプが欲しかったので、こちらを購入しました。SHUREのSM58は持っていないため、残念ながら比較は出来ませんが、味付けされない綺麗な音で拾ってくれます。

個人的には好きな音ですが、人によって好みやマイクとの相性があると思いますので、可能であれば実際にスタジオで試してみるか、YouTubeなどにアップされている音を聞いてみることをお勧めします。

ノイズはダイナミックマイクなだけあってあまり拾わないので、使いやすいと思います。ポップノイズを低減するメッシュフィルターが付いているそうで、パピプペポなどの破裂音はよほど強調しなければ気になりませんが、強く吹いたりすると、吹きノイズが入ります。

また、ダイナミックマイクには、オンオフのスイッチが付いていたりしますが、このマイクには付いていません。見た目はかっちりとして品のあるデザインです。

重さが340gなので、女性が手に持った感じはやや重いかもしれません。サウンドハウスで購入したので価格は1万円弱でしたが、アマゾンで購入するとやや高めで1万円超えるようです。

SHUREのSM58と比較すると少し安く手に入りますので、予算の上限がある方は検討してみるのも良いと思います。購入すると、マイクホルダーとマイクポーチが付いてきます。

マイクポーチはAKGのロゴマーク入りで、シンプルでかっこいい感じです。先に述べたようにやや重めなので、別でマイクスタンドを購入することをお勧めします。

AKG D5のスペック

メーカー
AKG Acoustics
種類
ダイナミックマイク
指向性
超単一指向性
周波数特性
70Hz~20kHz
出力インピーダンス
600Ω
サイズ
φ50×185.2mm
重量
340g
PAGE TOP