BLUE Spark

 

Blue Sparkについて

プロ使用のスタジオ用コンデンサーマイクでは定評のあるBlue Microphones社が、初めてスタジオ用マイクを購入する人に向けて、Blue特有のスタイリッシュなデザインはそのままに、コンデンサーマイクとしての質を保ちながら、コストパフォーマンスを極限まで追求した商品がBlue Sparkです。

そのためBlue Sparkには、スタジオ録音初心者のために使いやすく配慮された点がたくさんあります。

コスパとデザインが人気

まずはコストパフォーマンス。2万円前後という価格帯でありながら、コンデンサーマイクとしての質には妥協はありません。またBlue特有のスタイリッシュなデザインも健在です。BlueのスタジオコンデンサーマイクシリーズであるBLUEBIRDやBABY BOTTLEなどに共通する特徴あるデザインに、目の覚めるようなオレンジ色のボディーは、手に取ったその瞬間から、プロの気分を味わえます。

パッケージは、高級感あふれるプロテクティブな木製のボックスに、ショックマウントとポップフィルターが同梱していますから、手元に届いたらすぐに使い始めることができます。

その他の特徴

Blue Sparkには、もう一つ大きな特徴があります。それは1本のマイクで、2つの音質を作ることができるFocus Controlです。これは、本体背面にあるスイッチによって、切り替えることができます。Normalモードでは、低音のディテールを強調し、インパクトのある音質を作り、Focusモードでは、逆に、高音の透明感を追求し、クリアな音質を作ります。音質は、音源によって切り替えることで、より創造性の高い、豊かな音質を演出する事が可能になります。

なお、Blue Sparkは単一指向性ですから、ボーカル、楽器、ドラム、ポッドキャストなど、単独の収録に向いています。

Blue Sparkは、集音力に優れ、わずかな音でもしっかりと拾います。ですから雑音を廃することのできるスタジオ設備での収録が最適です。逆に宅録に用いる場合は、部屋の中の、普段は気づかないような小さな音まで拾ってしまうことになりますから、注意が必要です。

またBlue SparkはXLRマイクですので、パソコンなどのUSB端子とつなぐには、別売のアダプターが必要になります。なおUSB端子や、IpadなどのLightning端子に直接つなぐことのできるマイクとしては、Blue Sparkの音質をそのままに、Blue Spark Digitalという商品が用意されています。

BLUE Sparkのスペック

メーカー
BLUE
種類
コンデンサーマイク
指向性
単一指向性
周波数特性
20Hz~20kHz
出力インピーダンス
50Ω
感度
28mV/Pa
サイズ
197mm x 45mm
重量
570g
PAGE TOP