audio technica AT2020

audiotechnica_at2020_1
audiotechnica_at2020_2
audiotechnica_at2020_3
audiotechnica_at2020_4
audiotechnica_at2020_5
audiotechnica_at2020_6
previous arrow
next arrow
audiotechnica_at2020_1
audiotechnica_at2020_2
audiotechnica_at2020_3
audiotechnica_at2020_4
audiotechnica_at2020_5
audiotechnica_at2020_6
previous arrow
next arrow
製品名AT2020メーカー名audio technica
種類コンデンサーマイク指向性単一指向性
周波数特性 20Hz-20000 Hz出力インピーダンス 100 Ω
感度 -37dBV/PaS/N比 74dB
最大SPL 144dB最大出力 -
等価雑音レベル -ダイナミックレンジ -
ON/OFFスイッチPADスイッチ
ローカットスイッチ指向性切替スイッチ
電源供給 ファンタム電源出力コネクタ XLR3ピン
内部ポップフィルタ内部ショックマウント
52mm長さ 162mm
奥行 52mm重量 345 g

AT2020はエントリークラスのコンデンサーマイクで、市場価格は10,000円を切るので初心者には大変購入しやすいでしょう。

しかしながら、このクラスでありながら性能はかなり高く、評判もすこぶる良いものとなっています。

低価格のコンデンサーマイクでは、中音域はよく拾ってくれるので普通の話し声などを録音するにはほとんど気になりませんが、それでも籠もった感じの音質になってしまうことが多いものです。

ところが、AT2020は高音域でも耳障りにならず、聞いていて疲れにくい音を収音できます。

性能が良すぎることもあり、エアコンや道路を走る車の音なども拾ってしまうため、このマイクを使用して録音するときは、遮音性のある部屋か周囲の生活音が少ない時間を見計らって使用することをお勧めします。

電源はファンタム48Vで単一指向性となっていますが、その方向性は広めなのでマイク周辺の音は全部拾われると思ったほうが良いでしょう。

またコネクタ部分はXLR(オス)となっていますので、更に安定した音質が期待できるモデルです。

エントリークラスではありますが、充分なパフォーマンスを発揮してくれるので、業務用のメインマイクとしては物足りないでしょうが、予備のマイクとして準備しておく分には充分と言えますし、初心者でも安心して手を出すことができるモデルです。