RODE M1

商品一覧

RODE M1はメーカーサイトにおいてLive dynamic vocal microphoneとされているとおりステージ上での使用を念頭に設計されたダイナミックマイクロフォンです。

RODE M1-Sというスイッチ付きの機種もラインナップされています。

スポンサーリンク

SHURE SM58とRODE M1との比較

この形状のダイナミックマイクではSHURE SM58がデファクトスタンダードとなっていますので、このマイクの性能を考えた場合にはSM58との比較にならざるをえませんね。

周波数特性は75Hz-18kHzとSM58の50-15kHzに比べると狭くなっておりSM58に比べて中低域が抑えられています。

音はあっさりしているという印象もありますが、抜けがよいとも感じます。

近接効果がSM58よりも小さくなっているようにも感じます。

これらはやはりライブ向けのマイクとして音質よりもハウリングへの影響を考慮していると思われます。

中低音域が溢れるロック系のサウンドで扱いやすいマイクと言えます。

出力インピーダンスは320Ω(SM58は150Ω)と若干違いがありますが、感度は-56.0dB(SM58は-54.5dB)とさほど違いはありません。

パフォーマンス時の落下にも耐えうる頑丈なメタルボディを採用したため重量は360g(SM58は298g)と重さがあるので長時間に渡って持つ場合には影響があるかもしれません。

グリル内にポップアップフィルタが内蔵されています。

このため吹かれに強くボーカルやコーラスに最適です。

一言で言えば、吹かれに強く、ハンドリングノイズも少なく、ハウリングにも強いライブ用ボーカルマイクと言えます。

価格帯もSHURE SM58と同等ですがステージでの使用に特化したRODE M1は明確にライブ用ダイナミックマイクとしてSHURE SM58とは違う個性を持っています。

ライブ用だからといってスタジオで使用できないわけではありません。

SM58で抜けが悪いと感じているようであればその対策としてRODE M1を使用してみるというのも面白いかもしれません。

いずれにしろSM58と同様の価格帯ですので、音のバリエーションの違いを得るために一本持っておくのも面白いかもしれません。

初めて購入する宅録用のボーカルマイクとしてはRODE M1は最適かもしれません。

手に持った時のハンドリングノイズも少なく、ポップアップフィルターも内蔵されているので本来レコーディングに不可欠なマイクスタンドやポップフィルターを使わずに手持ちで録音するといった状況でもなんとか対応できる柔軟さがあります。

商品一覧
スポンサーリンク
マイクガイドをフォローする
マイクガイド

コメント