コンデンサーマイクの原理を理解して取り扱い方をマスター!

基礎知識
スポンサーリンク

マイクは、カラオケ、ライブ、講演、会議、あらゆる場面で使用され、声のみならず様々な音を拾い上げるために使われます。

そもそもマイクとは、空気の振動、すなわち音を受け取り、電気信号に変換する道具です。

マイクの種類はこの電気信号への変換方法によって分けられ、大きく「コンデンサーマイク」と「ダイナミックマイク」の2つがあります。

このうち、

より広い音域を繊細に捕らえることができるのがコンデンサーマイク

です。


しかしその反面、ダイナミックマイクに比べ高価、内部構造が複雑になっておりデリケートといった部分があります。

ここでは、そんなコンデンサーマイクの原理や特徴、取り扱いの注意点を紹介いたします。

スポンサーリンク

コンデンサーマイクの原理

コンデンサーマイクは、その名の通りコンデンサー(蓄電器)の原理を利用したマイクです。

コンデンサーとは、2枚の金属板から構成され、電気を蓄えたり、放出したりする働きを持つ電子部品です。

コンデンサーマイクでは、音を受ける側のダイアフラム(振動板)バックプレート(固定極)の2枚で構成されています。

まず、あらかじめ電圧を加え、この2枚の間に電気を貯めておきます。

その状態で音を受け取ると、空気の振動によりダイアフラムが動き、内部の電気が変化します。

それを電気信号として取り出すのが、コンデンサーマイクの原理です。


ただし、このままの状態では、信号が微弱でインピーダンスも高い(電流が通りにくい)ため、うまく取り出すことができません。

そこで電気信号を安定的に取り出せるよう、内部には信号の増幅やインピーダンスの変換を行う電子回路も組み込まれています。

なお、この増幅器には電気が必要となります。

またコンデンサーにもあらかじめ電圧を加えなくてはならないため、外部から電気を供給しなくてはなりません。

これにはある程度高い電圧が必要となりますが、現在は乾電池等でも作動できるように開発されたエレクトレットタイプも存在します。

スポンサーリンク

コンデンサーマイクの特徴

コンデンサーマイクの特徴はその高い音質です。

マイク内部のダイアフラムは薄くて軽く、さらに振動しやすいよう設計されています。

この構造が、

  • 高い感度(音を電気信号に変換できる度合い)
  • 優れた過渡特性(音の急激な変化に対する追従性)
  • 広い周波数特性(音の高低に対する収音性)

をもたらしているのです。

こうした特徴から、コンデンサーマイクは元の音のニュアンスを忠実に、繊細に捕らえることができます。

そのため、音質にこだわる音楽のレコーディングや音響測定などでは、こちらのコンデンサーマイクが利用されています。


加えて、

小型化に向いている

という特徴もあります。

携帯電話やICレコーダーは、前述したエレクトレットタイプのコンデンサーマイクが使われており、その他にも機器にマイクを組み込む場合にはこちらが利用されています。

なお、ダイナミックマイクは内部にコイルや磁石を用いた比較的シンプルな構造となっており、ダイアフラムはコイルに固定されています。

この構造上、コンデンサーマイクと比べて感度や周波数特性は落ちることになり、小型化も難しくなっているのです。

スポンサーリンク

コンデンサーマイクの注意点

このように音質面で高いアドバンテージを誇るコンデンサーマイクですが、その感度が仇になってしまう時もあります。

あまりに繊細に音を拾い過ぎてしまうため、不要な雑音も捕らえてしまいやすいのです。

そのため、コンデンサーマイクは外部の音が入り込まない環境での使用が求められます。

特に、環境に左右されやすい屋外、楽器の音が溢れるライブ、といった場面での使用には適していません。


また、内部で信号を増幅する構造になっていることから電子回路上の制約があり、大きな音に対して歪みやすいというデメリットもあります。

さらに、その取り扱いにも注意が必要です。

内部構造が複雑なこともあり、衝撃に対する耐久性は決して高くありません。

また、湿気や汚れも影響を及ぼしやすく、性能の低下やノイズの発生、ひいては故障の原因に繋がります。


ところで、前述の通りコンデンサーマイクは外部からの電源供給が必要です。

これには一般的に「ファンタム電源」という、ミキサーなどからケーブルを通じて供給するシステムが使われています。

このファンタム電源を使用するに当たっても、特別なケーブルや一定の操作が必要になる、電源を供給したままの状態でケーブルを抜き差しすると破損・感電の危険があるといった注意点があります。

スポンサーリンク

まとめ

コンデンサーマイクには、以上のような原理・特徴があります。

高い音質が魅力である反面、取り扱いには注意が必要です。

元々プロのミュージシャンのレコーディングなどで使われる機会が多かったマイクですが、近年は個人での録音、動画配信などでも利用されるようになりました。

技術の進歩とともに、比較的扱いやすくなったコンデンサーマイクも増えてきています。

マイクを選ぶ際は、こうした特徴を参考にしてみてはいかがでしょうか。

基礎知識
スポンサーリンク
マイクガイドをフォローする
スポンサーリンク
マイクガイド

コメント