マイクジャックの種類について 

基礎知識
スポンサーリンク

マイクのジャックの種類は、主にフォーンマイクケーブルとXLR(キャノン)マイクケーブルが主に使用されています。

それでは上記2つの違いや、特徴を踏まえて説明していきます。

スポンサーリンク

フォーンマイクケーブル

機器側に接続する端子が、フォーンケーブル対応になっているのがこのタイプのマイクになります。

主な用途としては、カラオケのマイクでよくこの接続方法が用いられています。

どちらかというとXLRケーブルより、価格が安価で種類も豊富にあるため選択儀が多くなる傾向にあります。

しかし音質の観点からみると用途にもよりますが、XLRケーブルより音質は劣っています。

高品質な音を録音したい場合は、あまり向いていないかもしれません。

スポンサーリンク

XLR(キャノン)マイクケーブル

機器側に接続する端子が、XLR端子に対応になっているのがこのタイプのマイクになります。

特徴としては、高品質なマイクに使われています。

接続部から抜けにくく、高音質でノイズも少ないためスタジオや音楽作成と言った、クリエイティブな場所で最強のツールとなっています。

価格もフォーンマイクケーブルよりも高価になっています。

スポンサーリンク

フォーンマイクケーブルとXLR(キャノン)マイクケーブルどちらがいいか

ついつい価格の面でも安価なフォーンマイクケーブルを選んでしまいがちですが、後々音質の面で後悔する事になったらまた新しいマイクを購入するのは勿体ないので、長く使いたいのであれば迷わずXLR(キャノン)マイクケーブルを選んだ方がいいと思います。

こちらを選んでおけばもう音質に悩む事はないのですから。

しかも最近ではPHONEとXLR(キャノン)両方を兼ね備えたジャックもあるので音質の違い等を比べたい方は両方のマイクケーブルで違いを確かめてみるのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク

マイクジャックの種類のまとめ

フォーンマイクケーブルとXLR(キャノン)マイクケーブルのマイクジャックの違いについてざっくりとですが説明させて頂きました。

今現在の状況を踏まえて言うと、やはりXLR(キャノン)マイクケーブルの方が圧倒的に音質の面、トラブルについてもこちらの方が少ないでしょう。

スタジオや音楽の現場ではXLR(キャノン)方式のジャックがより多く採用されているのがその証ではないのでしょうか。

しかし人によって、良い音というのは様々です。

個人的に使用するのか、それとも自分以外の誰かに向けて使用するかでも大きく用途は変わってきます。

最終的には自分自身の耳が判断基準となりそれを手助けしてくれるのがマイクジャックの種類だと思います。

基礎知識
スポンサーリンク
マイクガイドをフォローする
スポンサーリンク
マイクガイド

コメント